イラン旅行2日目 (1):アセマン航空のB727でアフワーズへ

Day 2 Pt. 1: Iran Aseman 727 to Ahwaz and Back

<– イラン旅行1日目:クアラルンプール~テヘランにてイラン航空B747-200に搭乗

二日目は3フライトあり早朝4時より非常に長い一日の始まりです。B727でアフワーズ往復、現地での観光。テヘランに戻り市内観光、夜にイラン航空で歴史の街イスファハンへの移動です。


Iranian Skies & Cities


2016年にB727に搭乗!

初日の疲れも残る中、6:50という早朝のフライト利用の為4時に起床、徒歩15分かかる第4ターミナルまで徒歩での移動です。ホテルメヘラバードは第2ターミナルに隣接しており、アセマン航空が使用している第4ターミナルまで遠いのが唯一のネックです。

Mosque
イランではどの空港でも小規模のモスクが併設されています
Terminal 4
まだ夜も明けきらないメヘラバード空港第4ターミナル

 

Check-In
昔ながらの行き先、便別のチェックインカウンターです。 #20番がアフワーズ行きのチェックインカウンターでした。

チェックイン後は両替を済ませセキュリティチェックを抜けた先のバスゲート待合室で暫くの間休憩です。第4ターミナルでは全てのゲートがバスゲートとなっています。

Waiting
バス待合室
Store
待合室内の売店

6:30頃よりバスゲート7より搭乗開始です

 

Boarding

Boarding
非常に魅力的なメヘラバード空港のランプエリアをバスで通過した後、搭乗機B727-200 EP-ASAのシップサイドに到着です。2016年とは思えない光景が広がります。

Trijet

幸運な事にグループのうち何人かはコックヒットを見学する事が出来ました。イランでは各便にエアマーシャルが常務しており見学は警備員の気分次第と言えるのが難しい所です。

Cockpit
ナローボディでは珍しい3人常務のコックピット

定刻よりやや送れ7:10にプッシュバック、29Lを離陸後左旋回して一路南下、イラン南部のアフワーズを目指します。

Shortly After Take-Off
離陸直後の様子

朝食のサービス イランの国内線ではフライトの長さに関係なく必ず機内食のサービスが行われます

Breakfast
チョコレート牛乳とパンといういたってシンプルな機内食

機内散策

Cabin Crew
後方エアステア前でポーズを取る乗務員達
Cabin Crew
通路でポーズを取るアセマン航空乗務員
Cabin
非常に良く手入れされている727キャビン 早朝便という事で搭乗率は7割ほど
Wing + Engine
後方スターボード側のエンジン

約一時間の飛行の後無事にアフワーズに到着です。

Rear Exit
後方エアステア 残念ながら今回のフライトでは乗客の乗降には使われておりませんでした。

 

Group Shot
集合写真
Portrait of Hassan Rouhani - the President and Ali Khamenei - the Supreme Leader next to the cockpit door.
機内にはハサン・ロウハニー大統領(左) ホメイニ師(右)の肖像画
Disembarking
降機は前方ドアより
EP-NFT
ランプバスより駐機されるナフトエアF50

アフワーズ市内観光

Airport Mosque
空港ターミナルを出てまず我々の視界に飛び込んで来たものは…、大変美しいアフワーズ空港のモスク

モスクの撮影な後はイラン人の友人に電話で通訳を頼みタクシーを3台チャーターし、約3時間程の市内観光に出発です。

Two Taxis
3台のタクシーで併走です。
Mural
数多くのビルに美しい壁画が描かれています

まずはカールーン川沿いの広場に停車です。アフワーズは橋の街で有名なようです。

Flags
広場に掲揚されたイラン国旗
Ahwaz Cable Bridge
次に停車したAhwaz Cable Bridgeは中近東最長の吊り橋です

 

リバーサイドを車窓見学した後は裏路地のような町並みの観光とバザールと市場の観光へ、観光客がまず行かない場所の観光です

Looking Into the Sun
歩いていると写真を撮るよう頼まれる事がイランでは多々あります

バザールにて

Group of Men
陽気な地元のイラン人たち

 

Group
カールーン川沿いで記念撮影 市民の憩いの場となっています。記念撮影の後は空港へ戻ります。

その他の写真はこちら→Ahwaz gallery

EP-ASAに再搭乗

Terminal
アフワーズ空港ターミナルは大規模改修工事中でした

搭乗手続き後は二階のカフェへ。丁度搭乗機が到着する様子をガラス越しに収める事が出来ました。

EP-ASA
搭乗機がクウェートより到着 THR-AWZ-KWI-AWZ-THRという運用のようです

軽食を済ませた後は往路と同じEP-ASA機に再搭乗です。

Boarding
出発準備を進めるB727-200
Me and the 727
KN Aviation (貫名)近影 EP-ASAと共に

搭乗後は往路と同じクルーに出迎えられました。この便でも往路同様軽食のサービスがありました。

Meal
サンドイッチとミックスジュース 残念ながら具は日本人の口には合いませんでした
Soheyla
機内サービスの様子

これにて727往復の旅は終了です。テヘラン観光、夜のエスファハンへの移動へ続きます。

Day 2 Pt. 2: To the Abbasi Gardens with Iran Air–>

2 thoughts on “イラン旅行2日目 (1):アセマン航空のB727でアフワーズへ”

  1. Pingback: イラン 2016 〜魅力の空へ〜 - KN Aviation

  2. Pingback: イラン航空B747SP遊覧飛行 IN クアラルンプール - KN Aviation

Leave a Comment

Your email address will not be published.

Get Your FREE "Four Ways to Try Business Class Without Breaking the Bank" Guide

No, I am not going to tell you how to fly in first class and sip Dom Perignon for free…

But, I am going to introduce you to a couple of ways you can experiment with to try a business class flight without having to spend thousands of dollars.

How Can I Help You?